カードローンの返済方式

カードローンは返済方式というものがあります。この返済方式というのは、毎月の返済額を決めるための計算の方法です。この返済方法というのは消費者金融によって異なるのです、借り入れをする消費者金融を選ぶ際に返済方式についても考えておく必要があります。消費者金融の返済方式は、いくつかの方式があります。最終的な借り入れが終わった後、その残高に応じて月々の返済額が変わるスライド元利定額返済の方式と、借り入れ金額に一定の割合をかけた定率リボルビング方式とがあります。

このような返済方法の特徴として、最低限の支払額を決めるだけであって返済額は自分で決められるということがありここがとても重要です。毎月の最低限の支払額を支払えば、それ以上の返済については自分で選ぶことができます。増額して返済をすれば借りている元金は減らすことができますしそれに合わせて返済金額も返済期間も短くしていくことができます。お金を借りる期間が長くなるほど支払う利息は大きくなりますから、可能な限り早く返済をすることが望ましいのです。ただし、早く返済したいからと無理な返済を続ければ、途中で返済が難しくなり新たな借り入れをすることもあり、それは本末転倒なことです。計画的に無理なく少しずつでも返済をしていくことが重要なのです。